若い時に安易に買った車のローンについて

20代の頃、どうしても軽自動車から普通車に乗り替えたくて、中古でありますが、その当時80万円ほどのスポーツタイプの車を購入しました。

月々3万円、ボーナス月には5万円でしたが、学校に行きながらも働いていたので大丈夫だろうと思いローンを組みました。

しかし、学生という事で保証人は親、ボーナスはなしの状態でしたが、月々お金を貯めればボーナス払いも出来るはず、何とかなるだろうと安易な考えが、そもそも間違いの元でした。

ボーナス月の5万円は5万円だけではなく、ローンの中には月の3万がプラスされ合計8万円となっていました。

最初に確認しなかった私も勿論悪いのですが、親から止められながらも車を購入したい気持ちの方が強く、その時は、浮き足状態だったと思います。

最初は支払いが出来ていたのですが、段々と負担が多くなり、月々の支払いが遅れる様になりました。最後には親や、家に電話や、督促状迄送られる事になりました。

最終的には、親に遅れている分を借り、少額ずつ返済していきながらローンの支払いを行いました。

約3年間、ローンの為に苦しい思いをしながら支払いを行っていました。